Knit Eyebrows | 眉間のしわ

English follows Japanese!

寄せちゃだめだだめだ・・・!と思うほどに、熱が入ってよってしまうもの、それが眉間のしわ。

バイオリンを弾き始めて20年、今さら気をつけようと思ったところでもう遅く、小学生の頃からすでに、演奏中に眉間にしわが寄る癖はついてしまっていました。

そうなったらもう打つ手はひとつ。あきらめるしかない。

Index_Musical_Interludes-01
眉間・・・!(Photo: Tom Fitzsimmons)

音楽家にとって演奏中の変顔シリアスな表情は永遠の課題だと思うのですが、ビデオで改めて自分の演奏を見たりするとときどき、なんでここまで真剣な顔してるんだろう。とか思ったりもします。

でもそこがいいんだよ、と言ってくれるお客さんもいらっしゃいますし、身体で表現を伝える職業である限り、無意識に身体が反応していることは、自分が演奏に溶けこめている証拠なのかなあ、とふと思ったりもします。

なぜ眉間の話をしているかというと、月曜の実技試験で演奏する曲が深すぎて、練習中に「あ、眉間痛い」っておもうほどにその世界に入り込んでしまっていたからでした。普段の生活にまでその癖がでてしまったらいやなので、日常生活にしわ寄せがこない程度に練習がんばります。。。!


No I shouldn’t knit my eyebrows….. well, it’s too late to care about it after I established this performance habit a long long time ago. I give up.

スクリーンショット 2017-04-28 17.59.59
Why so serious….!?

It’s been 20+ years since I started playing the violin, but it’s also been 15+ years since I started this habit. Once I saw the picture of me playing on stage when I was 6 – it was surprising. I already had that habit.

When I’m really into the music I play, my eyebrows somehow want to stay closer, which is not a bad habit at all – it expresses how I’m enjoying the world of the music and the composer. However, it’s sometimes discouraging to see myself performing on the video recording. “Why did I make such a serious face? Oh no, look at that eyebrows…”

But some kind people say they enjoy watching me play like that. They say that’s the great thing about live performance.

Whether good or bad, I will probably keep knitting the eyebrows during the performances for the rest of my life. I can’t help doing it, but I just need to be careful not to keep that wrinkles between my eyebrows in my daily lives.

Advertisements