About (日本語)

Sumire Hirotsuru
廣津留すみれ

Violinist, Entrepreneur and Published Author. English bio

廣津留すみれ(ひろつるすみれ)
大分市出身のバイオリニスト。12歳で九州交響楽団と共演、高校在学中にNY・カーネギーホールにてソロデビュー。ハーバード大学(学士課程)卒業、ジュリアード音楽院(修士課程)修了。ニューヨークで音楽コンサルティング会社を起業。

高校在学中にイタリアで開かれたIBLA国際音楽コンクールにてグランプリ受賞、翌年全米ツアーに招待される。ハーバード大学在学中に世界的チェリスト、ヨーヨー・マとシルクロード・アンサンブルとの度々の共演を果たしたのを皮切りに、米国にて演奏活動を拡大。UNICEFガライベント等での演奏や、グラミー賞受賞アルバム『Sing Me Home』をフィーチャーしたプレゼンテーションを任されるなど各地で再共演。自身の四重奏団を率いてリンカーン・センターやMoMA近代美術館にて演奏を行うほか、ワシントンDCのケネディセンターにて野平一郎氏と共演。またこれまでに『ファイナル・ファンタジー』シリーズなど名作ゲームの演奏・録音を数々担当。2021年パラリンピック公式ゲーム”Pegasus Dream Tour”のテーマ曲を担当。ギル・シャハムとThe Knightsのメンバーとして共演した最新アルバムがグラミー賞2022にノミネート。近年は『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)『サンデー・ジャポン』(TBS)『題名のない音楽会』(テレビ朝日)などのスタジオ演奏でも話題に。

連載『ハーバードからの手紙』(日経U22)では故・槇原稔元三菱商事会長や猪子寿之チームラボ代表らへのインタビューで注目。ジュリアード音楽院時代もインタビュアーとしてジュリアードの新学長・ダミアン・ウォーツェルや指揮者エサ=ペッカ・サロネンデビッド・ロバートソンなどクラシック界の巨匠への取材記事を執筆。現在、集英社『よみタイ』、朝日新聞出版『AERA dot.』にて連載を担当。著書も多数

2013年に共同設立したハーバード生による英語セミナーSummer in JAPANの開催や、セミナーとリサイタルを組み合わせたKADOKAWA主催「講演演奏会シリーズ」の定期開催、TVのコメンテーター出演など、多方面で活動中。テレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』金曜レギュラー。成蹊大学客員講師・国際教養大学特任准教授。2022年2月21日に初のCD『メンデルスゾーン: ヴァイオリン協奏曲+シャコンヌ』をリリース。

これまでのメディア出演情報はこちら

著書

『ハーバード・ジュリアードを首席卒業した私の「超・独学術」
KADOKAWA
2019

世界最高の考える力
ダイヤモンド社
2020

『新・世界の常識
KADOKAWA
2020

メディア

『羽鳥慎一モーニングショー』
テレビ朝日
金曜レギュラー

『サタデーパレット』
TOSテレビ大分
不定期コメンテーター

出演歴

BSよしもと「ワシんとこ・ポスト」
NHK BSプレミアム/4K「歌える!J-POP 黄金のヒットパレード決定版!」
フジテレビ「奇跡体験!アンビリバボー
BSテレビ東京「THE名門校」
TBS「サンデージャポン
テレビ朝日「題名のない音楽会」
フジテレビ系「セブンルール」
テレビ朝日「あいつ今何してる?」
日本テレビ「深イイ話」

お問い合わせ

取材・出演のお問い合わせはこちらまで