「令和」の生き方をまじめに考えた|New Era has arrived in Japan!

English follows Japanese!

ハッピー令和!

日本のみなさん、令和1年5月1日をどのようにお過ごしでしょうか。
平成5年生まれの私としては、もう自分の時代を生きてないと思うと
なんだかとっても複雑な気持ちと同時に期待もふくらみます。

ここアメリカにいると時代が変わった感ゼロですが、唯一違う点は
ゴールデンウィークの影響で日本からの仕事メールが激減
いつもは夜更かしして日本との仕事の連絡をすることが多いのですが、
ここ数日夜はよく寝られています:)

さて1ヶ月ぶりの更新なわけなのですが、
4月はかなりイベントフルでNYにはなんと13日しかいませんでした。
ブログ前半はそんな4月の報告を、後半は「令和」への展望を書きます。
(令和にしか興味ない!平成の話は良い!という方は前半飛ばしていただいて構いません笑)


1週目は帰国、東京にて出版記念イベントとして
講演&リサイタル&サイン会を合体したイベント開催。
大変ありがたいことに今回早くからチケットは売り切れで、
お越しいただけなかった方が多くいたと伺いました。
自分でも初の試みだったのですが、楽しかったので2回目も企画したいと思っています♩

また、J-WAVEさんの朝番組TOKYO MORNING RADIO生放送にも出演しました。
MCは別所哲也さん。
「令和」発表直後だったので、令和をテーマに即興しました!ドキドキした!

IMG_3719.jpeg

3週目には演奏のためにテキサス州のサンアントニオへ。
オフ日を利用して、初めて州立公園でハイキングをしました。
自然に身を包むことで感覚が活性化され、心なしかバイオリンも良い音に。

IMG_1502.jpg

4週目は全米桜祭りでのグランドフィナーレ演奏のためにワシントンDCへ。
ピアニストの野平一郎先生と、大使公邸&ケネディーセンターにてご一緒しました。
出会ったその日にリハ→夜本番、翌日本番、という強行スケジュール。
ケネディーセンターという超憧れのステージにて大変楽しませていただきました♡

58583749_574694249606567_6897249149847076864_n.jpg


さて、本日のタイトルですが。
「令和」らしい生き方って何だろう。とすこし考えていました。
私にとって平成とは、生まれてから25歳までの四半世紀を過ごした、
いわば礎のような存在。

私の感覚では、その中で急激に発展したものはやはり情報へのアクセスと利便性です。
初めてのスマホを高校で持ち始めてからというもの、
何度か「スマホの無い時代を生きたかった」と思ったことがありました。
集中力は思うように続かない、返しても返しても怒涛のメッセージが襲ってくる、
メールの返事が遅くても言い訳できない、便利なわりに窮屈な生活じゃん、と。
その一方で、私が大分から遠く離れたハーバード大学に入学できたのは
情報がどこまでも届くようになったおかげでもありました。

「平成」はそんな生き方の変化に我々人間が必死についていこうと頑張った時代でした。

「令和」は、その変化にやっと追いついてきた人間が手に入れたツールを
よりポジティブに、幸せになるために使えるようになる時代

になるのではないかと思っています。そうなってほしい。

例えば、私は著書の表紙に「5分の使い方で世界が変わる!」と書きましたが
この「5分」の使い道が、これからの人間の人生を大きく変えると思っています。
前時代に取り残されている人は、いつまでも情報というツールに使われてしまう。
流れてくる情報の消費のために5分を受動的に使い続けてしまう、ということです。

これからの時代にうまく乗っかることができる人は、
この5分を、自分を幸せにするために能動的に使うことができます。
情報の奴隷にされるのではなく、自分から発信できる。
自分をより良くするための情報を自分の意思で探しにいける。
情報社会に不満を持っていた私が情報を使って大学に合格できたことも一例です。
情報を味方につける。5分を「取られる」のではなく「使う」ようになる。

このシフトを理解して、情報の一段上に立てるようになることが
令和時代のハッピーへの第一歩。

なのではないかなぁ〜と、平成にたくさんの素敵な思い出をもらった私は
ぼんやりとそんなことを考えていました。

あくまでも個人の意見なので、皆さんの様々なご意見もお聞かせくださいね。

では長くなりましたが、令和最初の更新でした!またね。

廣津留すみれ
2019.5.1 (令和元年!)


It’s been a month since my last post and I had a super busy month of April – let me give a brief summary. 1st week, I was in Japan for a book tour. I spoke on radio shows, I gave a lecture, performance, and more interviews. 3rd week, I went to Texas for a performance and did some hiking and nature-bathing in a state park on my off days. 4th week, I gave my Kennedy Center debut to celebrate the Grand Finale of National Cherry Blossom Festival. So many awesome things happened this month and I am a bit overwhelmed – in a good way.

In Japanese calendar, today is the first day of the first year of “Reiwa” era. The previous era “Heisei” has just ended – and the new emperor opened a new era. I was born in the 5th year of Heisei and spent my entire life in the era, so I have a bittersweet feeling that I need to see it goes. But at the same time, the change brings me hope that the change of era will do something special to our mindset. Japan might become a super cool country (I know it is already, but I mean much cooler).

I thought about explaining what transition of the era means, but realized CNN does it better so here are the links you might be interested in reading:

CNN Article “‘Reiwa’: Japan announces dawn of a new era” 3/31
CNN Article “Japan’s new Emperor Naruhito ascends throne as Reiwa era begins” 4/30

In short, one emperor holds one era name in Japan – Heisei was from 1989 – April 2019, then Reiwa has just started from May 2019 because the previous emperor decided to step down.

Today I was thinking how the era will look like, and how people will live the new era. Looking back my school life, I think the biggest thing Heisei brought us was the speed of how information spreads and convenience that smartphones made possible. Honestly, I remember wishing I lived in the time where there was no smartphones – because now I have less focus and attention span, no excuse on not replying emails within 24 hours, and incoming texts are endless. Although it was also because of this information society that made it possible for me to apply for Harvard from a small town in Japan.

In Heisei, we tried so hard to catch up with this information technology that was somehow ahead of us. We wanted to be cool, so even though we were a little stressed by where technology led us, we dealt with it. We tried to get to know them better, passively.

In Reiwa, rather than being consumed by the flood of information, we will be using information more comfortably. We will actively look for some information that will make our lives better, and we will create information for others and utilize them for your own good.

My first book says “The use of just 5 mins changes your life” on the front cover; and I have a prospect that 5 minutes will become more important than ever. If we keep scrolling your friends’ timelines and random reddit articles, we will endlessly use your 5mins without noticing how many “5mins”-s you are consuming. But if we are more aware of how we want to spend 5mins, we are not slaves of information anymore.

Well, I am not a specialist on forecasting our future, but I just think that understanding this shift and get one step ahead of this “information” will give us happier life.

So here I would like to toast to the new REIWA era, and hope more exciting years to come!

Cheers,
Sumire (May 1st, Reiwa 1)

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s