Hi Finland and hi Sibelius! | シベリウスの生家へ@フィンランド!

English follows Japanese!

フィンランド1日目!

21日の夕方NY発の国際線に乗った私たちですが、着いたら22日の朝9時・・・フライトをおりてそのままながーい1日をすごしました。

今日の目玉はなんといっても作曲家シベリウスの家 。彼が死ぬまで住んでいた家は綺麗に保存され、ちいさな博物館として家具などが展示されています。

We, the Juilliard Orchestra, got on a plane in the evening of the 21st, and we arrived around 9am on the first day – and had a long but great day in Finland! I think the highlight was the visit to the house of Jean Sibelius, a Finnish composer. Here are some things that I especially liked about the house 🙂

私が気にいったポイントを何点か、紹介したいと思います!

  1. まずはシベリウスの色へのこだわりについて。
    Synesthesia
    (共感覚)をもっていたシベリウスは、家を建てる際に2つだけ注文をしました。ひとつは窓から湖が見えること。そして2つめは、緑の暖炉を部屋に置くことでした。彼の共感覚という症状は、色を見ると頭の中で音になって聴こえるという稀有なものでした。緑はF major、つまりへ長調の音楽に聴こえるため、その色を家の真ん中に持ってきたいという希望でした。今となってはなぜへ長調を選んだのかわかりませんが・・・大変興味深いお話でした。
    As Sibelius had a synesthesia, he had two requests when building the house; first was a scenery from the house – so he could see the lake from the window when composing- and the second was to put a green fireplace in the room. His synesthesia brought him F major whenever he sees the color green, and somehow it was necessary for his composing life.

IMG_7403

2. 灰皿へのこだわり。

タバコ好きだったシベリウスは、書斎(約3000冊所蔵!)に何種類もの異なる灰皿を置いていました。気分によって使用する灰皿を変えていたそうです。奥さんはどの灰皿を使うかによって彼のその日の気分を知ることができたため、とても便利なツールになっていたようです。
Sibelius loved smoking, and he was using different ashtrays in his library depending on his feeling of the day. Thus it was a quite handy tool for his wife to know what his mood was.

IMG_7405

3. お風呂。

フィンランドではお風呂文化がさかんなようで(大分みたい・・・!)、大きなお風呂スペースとサウナルームがついていました。一家全員で入れるようにスペースをとっていたそうですが、それにしてもうらやましいくらいバスタブから見える景色が素敵でした。ちなみにフィンランドでは温泉でないそうです。
Finland has a sauna & hot tub culture (like my hometown Oita), and Sibelius was also a fan of sauna. For his family, he made this nice bath room with a beautiful scenery next to his house! 

IMG_7404

4. 肖像画と彫刻

彼の家には彼の肖像画と彫刻があるのですが、肖像画が配達されたとき、彼は旅行中で家にいませんでした。家で受け取った奥さんは、絵に描かれているシベリウスがあまりにもイケメンだったので、「あなたに惚れ直したわ!」という手紙を送ったそうです。彫刻がのっている棚は奥さんと本人が一緒にデザインして作成したそうで、北欧の人々の家具デザインへの熱意がここからも見て取れるようなきがしました。
When Sibelius’ portrait was delivered to his house, he was on trip so his wife received it instead. As Sibelius in the portrait was so handsome that his wife wrote a letter to him saying “I am in love with you again!”

明日は現地の音大シベリウスアカデミーと初のリハーサル!また更新します♩

We have rehearsal with Sibelius Academy students tomorrow – so excited! 😀